自動車検査登録制度とは、日本の法律において、道路を走行する車両に義務付けられている制度です。通常は普通車・軽自動車・自動二輪車(排気量250cc超)において2年に1回、新車では初回のみ3年目という頻度で検査を受けることになっています。もし受けずに古い証明書を添付したままの車両で乗車走行していると、厳しい罰則を受けることとなります。
この検査を受けることが出来る場所は、少し前まではディーラーもしくは民間の整備工場がほとんどでしたが、規制が緩和されてからはこれら以外でも、検査専門のフランチャイズ店、カー用品店、ガソリンスタンド、検査代行業者などでも受けることができるようになっています。また、全国には陸運局があり、ナンバープレート記載の自治体の陸運局ではなくても、どこの陸運局でも自分で受けるユーザー車検に対応してくれています。

現在の検査制度になるまでの歴史

もし検査の義務化がなされていなかったら、日本の道路では整備不良の車両で溢れ、トラブルが多発していることでしょう。また検査の際には自賠責保険加入も義務付けられていますので、検査を受けなくても良ければ自賠責保険にも未加入の人がおそらく多くなっていて、何らかの車両被害に遭遇しても補償を受けることができず、社会全体が大変な状況になっていたかもしれません。
日本におけるこの車両検査制度が始まったのは1930年です。当初はタクシー・バスといった公共の乗り物の安全性確保が目的で始まったものです。のちの日本社会発展に伴い、車の所有は一般市民にも広まっていき、公共の乗り物よりも市場を広めつつあった一般車においてもその安全性を確保すべく、戦後となる1951年には道路運送車両法において車検制度が義務化されました。

定期点検整備と検査登録制度の違いとは

車両検査登録制度の目的とは、その車両が国の決めた保安基準に適合しているかどうかの確認の検査となっています。整備や劣化部品交換が本来の目的ではありません。ディーラーなどでは、この機会に一緒に定期点検整備も行うことが多いため、勘違いされやすいです。
車の定期点検整備とは、車両の故障などを事前に見つけ、トラブルを未然に防ぐためと性能維持のために行うものとなっています。人間の体に例えると、定期的な健康診断と同様であると言えます。点検整備は運転者の義務でもありますが、その頻度は1年、2年とそう長くない期間が定められています。そういった意味でも、定期点検整備とは、法的な罰則なないものの、車両で安全に乗車走行するための日常点検がそのベースとなっているものです。

自分の車の検査を近くで見られて安心です。 立会車検なら安くて安心の車検が受けられます。 全国92店舗に展開しています当社は、最短45分のスピード車検、わかりやすく丁寧な車検でお客様を心こめておもてなししております。 車検点検基準は安全な走行を保つのに十分な基準を設定。 短時間で車検・適切な整備費用をお見積もり。実績豊富な速太郎を是非ご利用ください。 安心・迅速・車検のことなら車検の速太郎