車検は日本で自動車を所有している人に対して課されるものです。新車で購入した場合は最初の車検は購入から3年目ですが、それ以降は2年に1度になります。新車以外の場合は2年に1度の法定点検ですが、これは法律で決まっていますので、破ると罰金50万円か懲役1年以内の刑に処せられます。
そのため、定期点検は必ずカレンダーなどに書いて、忘れないようにしなければなりません。
新車を購入した場合は、ディーラーの方で点検の案内できますので、忘れることはないかもしれません。ですが、友人から売却を受けた自動車は、友人から丁寧に葉書や連絡が来るとは限りませんので、忘れてしまう心配があります。
もし忘れてしまった場合には、罰則が与えられるわけではなく別の方法で対処することができます。

仮免許を取らなければならないことを知っておく

もし2年に一度の法定点検を忘れてしまった場合は、公道を走ることはできません。つまり、エンジンをかけて車庫の中を移動するぐらいしかできないことになります。この場合はどのように工場やディーラーまで行くのか問題になりますが、市役所に行って仮ナンバーを取得するか、車が積載できるトラックで検査所まで行くしかありません。一般的には市役所へ行って仮のナンバーを取得することが多くなります。たまに公道などで見かけるナンバープレートに斜めの赤い線が入ったものがそれにあたります。
できればそうなる前に、2年に1度の法定点検をしておかなければなりません。2年に1度の法定点検は登録して日からちょうど2年目になります。当然新車の場合は3年目です。ただその1カ月前から法定点検を受けることは可能です。

どのぐらいの費用がかかるかを確認する

2年に1度の法定点検を受ける場合には、どれくらいの費用がかかるか気になるところです。法定点検は2種類の費用に分かれています。一つが法定費用です。法定費用とは法律で定められた費用、つまり印紙代や自賠責保険料になります。これらは一切割引きをされることはありません。
もう一つの費用が、点検での作業費です。点検をする場合には資格を持った専用のスタッフが丁寧に車のパーツを一つ一つ見ていきます。もちろん項目がありますので、すべてのパーツを見るわけではありませんが、半年点検などに比べるとかなり細かいところまで見るのが特徴です。そう言った人件費や検査代行手数料などがおよそ4万円前後かかる計算です。
この代行手数料や点検費用は業者によって安くしてくれるところもありますので、事前に調べておくとよいでしょう。