車検を受ける際に、自家用乗用車や軽自動車であれば初回は3年後、それ以降は2年ごとに検査を受けることになります。しかしこの時に注意しなければいけないことが、有効期限になります。有効期限が切れてしまうと、道路運送車両法違反で罰則を受けることになり、違反点数6点や30日間の免許停止、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金を受けることになります。またその際、有効期限が切れた車では公道を走ることができないので、仮ナンバーを申請したりレッカー車で移動してもらうなど余計な手間や費用が掛かることになります。罰則はもちろんですが、その他の費用なども手痛い出費になるので注意しなければいけません。そのため、有効期限をきちんと把握し、早め早めに更新するようにしましょう。

何日前から更新することができるのか

車検は一定期間ごとに行う必要があり、検査を受ける期間が決まっています。それは満了日の1か月前から受けることができます。このとき不安になるのが、更新した日を早めることにより、次回の有効期限が短くなってしまうのではないか、ということになります。しかし、満了日の1か月以内であれば、どれだけ早く受けたとしても満了日は変わらず、有効期限を延ばすことができます。そのため、有効期限の1か月前になったらできるだけ早く検査を受けることが、期限切れの不安を取り除くことに繋がります。また、注意しなければいけないことが、検査は1か月以上前でも受けることができることです。その場合には、満了日は検査を受けた日になってしまうので、早く受けた分だけ前倒しになるので注意が必要です。

自動車の区分によって有効期限が違います

自家用乗用車や軽自動車であれば、車検は初回は3年後、そのあとは2年ごとになりますが、貨物自動車やバス、タクシーなどでは有効期限が違ってきます。貨物自動車は8トン未満の物であれば初回は2年ですが、その後は1年ごとになります。また、同じ貨物自動車でも8トン以上のもの、バスやタクシーでは初回は1年、それ以後も1年ごとになります。
自家用乗用車や軽自動車でもレンタカーの場合は、それぞれ有効期限が違います。自家用乗用車のレンタカーの場合は、初回は2年でその後は1年ごとになり、軽自動車では初回は2年でその後も2年ごとになります。家庭で自家用乗用車を所有して乗る場合であれば期限は長いですが、運送事業用やレンタカー会社などは期限を間違えずにきちんと検査を受ける必要があります。