日本では、公道で自動車を動かす場合、車検を必要としています。これら2年に一度の法定点検は新車の時で3年目に1度、それ以外は2年に1度行うことになっています。
車検は6万円から12万円ぐらいがかかるのが普通になりますが、中には費用を支払いしたくない人もいるのではないでしょうか。では1年に一度の法定点検を受けなければどのようになるか知っておきましょう。基本的にこの法定点検は法律で決まっているものです。2年に一度の法定点検を決まった期限内に受けなければ、罰則が科されます。懲役1年未満か罰金50万円未満のどちらかです。
どちらにしてもよいことはありません。必ず期限までに点検をける必要があります。点検を受ける場所はディーラーや町の自動車工場、カー用品店やガソリンスタンドなどがあります。

普段から整備しているから問題ないのではという疑問

普段から自動車を整備している人は、2年に一度の法定点検は必要ないのではないかと考えるかもしれません。自動車を整備することは、自動車の故障をなくすとともにアクシデントを最小限に食い止めるためとても重要なことです。普段から自動車の調子が完ぺきならば、わざわざ法定点検を受ける必要がないと考えられるのではないでしょうか。
ですが、整備と法定点検の目的は別にあります。整備は車の調子を整えて故障やアクシデントが起こらないようにすることです。一方で、2年に一度課されている法定点検の目的は車の調子を整えることではなく、法律に適合しているパーツが使われているかなど保安基準に適合しているかどうかを確認するためのものです。ですので、いくら車が整備されていても、法定点検を受けなくてもいいわけではありません。

相場より安い場合は整備をしない可能性がある

2年に一度の法定点検を受ける場合、ディーラーで行えば確実にしっかりとした車が戻ってきます。このとき整備も同時に行ってくれますので、車の調子が悪ければ、そこを指摘してパーツの交換などを勧めてくれるでしょう。ただし、ディーラーの営業マンによっては交換をしなくてよいものまで交換を勧めてくることがありますので、その時は素直に断った方がよいです。ディーラーで点検を受ける場合は基本的に料金が高くなります。
一方でガソリンスタンドやカー用品店で行う2年に一度の法定点検はディーラーよりもいくらか安くなります。ですが、極端に安い場合は要注意です。整備代が含まれていない可能性があるからです。もちろん法定点検の時に必ず整備をしなければいけないわけではありませんが、その部分について知らないと、法定点検の後に車のアクシデントが起こることも考えられます。